鏡を見る度に気になる二重あごですが、どうにかしたいと思っていてもどうにもならなかった場合が多いようです。
気にはなっていたので痩せれば多少は変わるかと思っていた人が、痩せても殆ど変化がなくてガッカリしてしまった場合もあります。
あごをスマートに見せたい人は多いと思いますが、そのためのマッサージなどがあるのです。

二重あごを解消するためのマッサージとしては、頬骨の下辺りに指を当ててもみほぐすものがあります。
円を描くようにもみほぐしていくのですが、これを10回程度行っていくのです。

マッサージをする時には、肌に余計な負担を掛けないようにオイルやクリームを塗ってから行いましょう。
素手でそのままマッサージを行ってしまうと、刺激によって肌にシミやシワなどを作る原因になってしまいます。

エクササイズの方法としては、肩甲骨が近付くように体の後ろで手を組んで肩の高さぐらいまで持ち上げます。
そのままの状態をキープしながら、あごを上に上げるのです。
そこで10回ぐらい口を動かすのです。

あごから首に掛けてハリを感じるぐらいに行えればいいので、無理をしないようにしましょう。
こういったエクササイズをしなくても、普段から口を大きく動かすなどの方法もあります。

ただ、普段から猫背になっている人の場合、そういった姿勢が原因で二重あごになってしまっている場合もあります。
マッサージやエクササイズを頑張っても、普段の癖や習慣を変えないと意味がない場合もあるのです。
最近はスマホを使うときの姿勢も問題になっていますから、出来るだけ姿勢を正して生活することも二重あごの対策としては重要な事になります。

乳液には様々な利用方法があるので便利

春になると過ごしやすい季節に感じますが、実際には花粉などの問題もあります。
紫外線にも注意しなければなりませんし、肌トラブルに対応しなければならない季節でもあるのです。
トラブルに対応出来る方法として、乳液を使った方法があるので紹介したいと思います。

いつも使っている乳液を、入浴時にも使うのです。
湯船に浸かっている間だけでも良いので、乳液を顔に塗っておくと肌が違ってきます。
もちろん湯船からの湯気も効果的に働いてくれるので便利なのです。

コットンに乳液を浸して、それを目の下に貼るのも便利です。
これは目の周辺が乾燥したときなど、ちょっとしたケアに使えるのです。
コットンの大きさは使いやすいサイズに切っておけば良いので、大きすぎて邪魔になる事もありません。

ただ、乳液を浸しておくコットンに関しては、必要な分だけ用意するようにしましょう。
作り置きをしておくと雑菌が繁殖する可能性があり、顔に雑菌を塗ることになりかねません。

落ちにくいメイクをしていない場合には、乳液だけでクレンジングを済ませることも出来ます。
乳液を使う場合もゴシゴシと洗う必要はなく、乳液の油とメイクの油が馴染むと落ちやすくなるので便利です。

ただ、しっかりとポイントメイクなどをしている場合には、クレンジングを使ってしっかりと落とす必要があります。
メイク汚れがしっかりと落ちていないと、色素沈着の原因にもなるので、メイクによっては乳液でのクレンジングはむいていません。

普段はあまり注目していなかった乳液かもしれませんが、その使い方には色々なものがあるのです。
肌トラブルを軽減するためにも、乳液の様々な使い方を知っておくと便利です。

4つの習慣で化粧水で肌が潤う方法

洗顔した肌が乾燥しないように慌てて化粧水をつけているという人もいるかもしれません。
ですが、化粧水で肌を潤す方法として、4つの習慣を知っておけば、もう肌の乾燥に恐れる事はなくなります。
まず、すぐに化粧水をつけようとするのは間違いです。
もちろん、洗顔後の肌のまま放置しろと言っているわけではありません。

最初にして欲しい事は、美容オイルを使用するという事です。
洗顔後の肌に美容オイルを数滴馴染ませ、化粧水が浸透するための下地をつくっておく事がポイントです。
また化粧水は冷たい状態で使用していませんか?
冬など化粧水を置いている洗面所が寒いので、化粧水も冷たく冷えている可能性があります。
そのまま肌につけてしまうと、肌が冷えてしまい、血行の流れが悪くなる要因となります。
血行の流れがよくなる事で、美肌になる事ができるので、化粧水を顔につける前に手のひらで化粧水を温めてから使用して下さい。

そして乾燥が特に気になる部分には、コットンでパックをするといいでしょう。
最後の仕上げは、ハンドプレスです。
手のひらで顔を包み込むようにして下さい。そうする事で手のひらの体温が肌に伝わり、しっかり肌に化粧水が浸透していきます。

そして化粧水の後に美容液やクリームで潤いが外に逃げないように、閉じ込めておくと、潤いは長持ちします。
ちょっとした4つの習慣ですが、実行した場合と実行しなかった場合では、肌に大きく差がつくはずです。
ぜひ実行をしてみてください。
化粧水自体の品質も重要ですが、高級化粧水だからと少しつづ使用するよりも、値段を気にせずたっぷり化粧水を使える方が、化粧水の効果はでやすいといえます。

◆PR◆
美容と健康の両立を目指してみませんか?そんな時は青汁おすすめですよ。最近の青汁はおいしくて飲みやすく、続けやすいのがポイントです。